DodontoF.swfの編集

■ソース編集
各ファイルを編集する。下記は一例。

DodontoF\src_actionScript\Language.as

各名称変更 – イニシアティブ表示
-135 p.initiativeWindowColumnTitleInitiative = “イニシアティブ”;
+135 p.initiativeWindowColumnTitleInitiative = “DEX”;

-136 p.initiativeWindowColumnTitleInitiativeModify = “修正値(イニシアティブ同値時比較用)”;
+136 p.initiativeWindowColumnTitleInitiativeModify = “現在正気度”;

DodontoF\src_actionScript\ImageSprite.as
コマの枠色変更
-40 static private var roundColorDefault:int = 0xBBBB00;
+40 static private var roundColorDefault:int = 0xFFFFFF;

チット・コマの外枠色変更
42 static private var roundOutColorDefault:int = 0x000000;

DodontoF\src_actionScript\Chit.as
チット枠色変更
-26 private var color:uint = 0xBBBBFF;
+26 private var color:uint = 0xFFFFFF;

DodontoF\src_actionScript\Memo.as
共有メモの枠色変更
-109 view.setLineColor(0x00AAAA);
+109 view.setLineColor(0xFFFFFF);

共有メモの画像変更
-143 var imageUrl:String = “image/memo2.png”;
+143 var imageUrl:String = “image/kyoyu-memo.png”;
(もしくはDodontoF\image\memo2.pngを差替え画像で上書き保存)

DodontoF\src_actionScript\LoginWindow.mxml
ログインウィンドウのサイズ変更
-5 width=”900″
-6 height=”500″
+5 width=”965″
+6 height=”600″

DodontoF\src_actionScript\Log.as
システムメッセージの文字色
166 var color:String = “00AA00”;

DodontoF\src_actionScript\ChatMessageTrader.as
チャットのシステム文字色
27 private var systemMessageColor:String = “00AA00”;

■コンパイル
コマンドプロンプトを起動し、フォルダを移動。コピペしてコンパイル。
cd /d f:\
cd f:\DodontoF\src_actionScript
mxmlc.exe -target-player=10.0.12 -define=TEST::isTest,false -define=COMPILE::isGaeRuby,false -define=COMPILE::isGaeJava,false -define=COMPILE::isReplayer,false -define=COMPILE::isAir,false -define=COMPILE::isMySql,false -include-libraries+=./corelib/bin/corelib.swc -o ../DodontoF.swf DodontoF.mxml

参考
TRPGオンセツール「どどんとふ」のダイスを変更する – TRPG every day

ウィルスの感染兆候なし

ノートンで低度の脅威検知、の報告あり。
数種類のスキャンをするも検知なし。

当サーバーは最新カーネル・修正パッチが適応されており、
脅威は低いと思われますが、引き続き警戒に当たる事とします。

どどんとふ修正

リダイレクト処理に構文エラーが有ったため、index.php 15行目を修正。


//ブラウザ取得
$array_agent = array("MSIE","Chrome","Firefox");
$h_agent = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
$agent;
for($i=0; $i<2; $i++){
 if(strlen(strpos($h_agent,$array_agent[$i]))>0){
  $agent = $array_agent[$i];
  break;
 }
}
//Chromeはindex.html、それ以外をswf
-  if ($agent == "Chrome") {
+  if (isset($agent) and $agent == "Chrome") {
   header('Location: http://dona.dip.jp/trpg/index.html');
    exit;
  } else {
    header('Location: http://dona.dip.jp/trpg/DodontoF.swf');
    exit;
  } 

来春までの予定

12月~
ラズベリージャム 高速卓リプレイ製作開始
メイドシナリオ#1 公開版 製作再開

01月~
メイドシナリオ#1 テストプレイ/公開

03月~
メイドシナリオ#2 リプレイ製作開始?

zabbixサーバが動作していません

「zabbixサーバが動作していません」と画面上部に表示されて動作しない不具合。
netstatで確認するとポートが空いてなかったらしく…
今までは運良く動いていただけらしい(´_ゝ`)ナンデ
適当にポート開放して、サービスを再起動したら動き始めました。めでたしめでたし。

netstat -untap #portチェック
netstat -at #開放port確認
sudo ufw allow **** #****=port port開放
sudo /etc/init.d/zabbix-server restart #サービス再起動

…と思ったら、何故か定期的に止まるので、shを作ってcrontabでリロードすることに(´・ω・)

stub_statusを設定する

nginx.conf
server{
location /nginx_status {
stub_status on; #有効化
access_log off; #アクセスログに残さない
allow 127.0.0.1; #ローカルからのみアクセス可能
deny all;
}
}

確認
$ curl http://127.0.0.1/nginx_status

再起動に時間が掛かる問題

再起動時にstop job is running… 等と表示されて90秒ほど待たされる不具合の修正方法。
これでスゴクハヤクなった。

#/etc/systemd/system.conf
DefaultTimeoutStartSec=90s
DefaultTimeoutStopSec=90s

DefaultTimeoutStartSec=10s
DefaultTimeoutStopSec=10s

NginxのキャッシュをRAMディスク化する

下記の通リにRAMディスクをマウント。
ディレクトリとID、容量は設定・必要に応じて変更する。

/etc/fstab

#Nginxキャッシュ用
tmpfs /var/cache/nginx tmpfs mode=755,uid=****,gid=****,noatime,size=1024m 0 0

再起動して確認する。
reboot
df -h

そのうちやるリスト

・TCP通信からUnix Socket通信への移行。 → 80%
・各種リンク切れ対策。
・管理画面関連の修正。
・重要ではないエラーの修正。→ 90%
・バックアップ等の体制強化。→100%

sudo cp -dfpvR
sudo dstat -tcn –top-cpu-adv
sudo pktstat port 80 -k 30 -n
sudo cp -R dir1 -T dir2
sudo ln -s sample.txt sample_lnk

crontab
*/5 * * * * root /usr/local/bin/crontest.txt
1-59/5 * * * * root /usr/local/bin/crontest.txt