備忘録」カテゴリーアーカイブ

zabbixサーバが動作していません

「zabbixサーバが動作していません」と画面上部に表示されて動作しない不具合。
netstatで確認するとポートが空いてなかったらしく…
今までは運良く動いていただけらしい(´_ゝ`)ナンデ
適当にポート開放して、サービスを再起動したら動き始めました。めでたしめでたし。

netstat -untap #portチェック
netstat -at #開放port確認
sudo ufw allow **** #****=port port開放
sudo /etc/init.d/zabbix-server restart #サービス再起動

…と思ったら、何故か定期的に止まるので、shを作ってcrontabでリロードすることに(´・ω・)

どどんとふ起動成功

以下の環境で起動成功しました。
設定に記載するファイルやフォルダ、サービスの位置やパーミッションを疑って下さい。
エラーの大半はこれです。
一番苦労したfcgiでどどんとふを動かすためのサービスを記載しておきます。
PID等はなるべくオプションで記載した方が良いようです。参考になれば。

Ubunt: 16.04
Nginx: 1.12.1
PHP : 7.1.8(spawn-fcgi)

#/etc/sytemd/sytem/dodontof.service
[Unit]
Description=ddntf-fcgi
After=nginx.service
Wants=nginx.service

[Service]
ExecStart=/usr/bin/spawn-fcgi -d /public_html/DodontoF -f /public_html/DodontoF/dodontof.rb -a 127.0.0.1 -u nginx -g nginx-p 9000 -F 24 -P /home/nginx/dodontof.pid
Type=forking
PrivateTmp=true

[Install]
WantedBy=multi-user.target

PHP7.1への対応

下記を変更。
PHP7.1では”*” と “[]” をサポートしないらしい?コメントアウトで解決。
/preload/CorePackPreload.class.php
Notice: A non well formed numeric value encountered in /xoops/preload/CorePackPreload.class.php on line 52

$val *= 1024;

$val = 1024;

PHP7.1xに対応完了

ようやくPHP5.6からPHP7.1へ更新できました。
XOOPSXが真っ白になり動作しない…といういつものパターンでしたが、
以下の構文エラーが原因だったようです。
エラーをちゃんと見るって大事ですね。

Parse error:
syntax error, unexpected ‘new’ (T_NEW) in XoopsX\preload\MultiLanguagePreLoad.class.php on line 9
9: $cubeUtilMlang =& new CubeUtil_MultiLanguage();

9: $cubeUtilMlang = new CubeUtil_MultiLanguage();

どどんとふサーバー修正

サーバ側でhtmlよりphpを優先させindex.phpを設置。
Chromeのみindex.htmlへ、それ以外はDodontoF.swfへリダイレクト。
Chromeの.swfファイルDLを回避した。
また、config.rbのlogoutUrlでindex.phpを指定し、再度リダイレクト。


//ブラウザ取得
$array_agent = array("MSIE","Chrome","Firefox");
$h_agent = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
$agent;
for($i=0; $i<2; $i++){
 if(strlen(strpos($h_agent,$array_agent[$i]))>0){
  $agent = $array_agent[$i];
  break;
 }
}
//Chromeはindex.html、それ以外をswf
  if ($agent == Chrome) {
    header('Location: http://dona.dip.jp/trpg/index.html');
    exit;
  } else {
    header('Location: http://dona.dip.jp/trpg/DodontoF.swf');
    exit;
  } 

NIVE2 艦これ風ゆらゆら エクスプレッション

艦これの旗艦のように、画像がゆらゆら揺れるエクスプレッション。

画像のエフェクトに、スライダ制御を2つ追加。
それぞれを振幅、往復時間にリネーム。
画像のトランスフォームよりエクスプレッションを有効にし、下記を貼り付ける。
なお、往復時間を0にすると画像が消える模様。

↓ここから

double amp = 0; // 振幅(スケール)
double cycle = 1; // 一往復の時間(秒) 1以上にする事

// スライダ制御部
//振幅・往復時間は、スライダ制御エフェクトのスライダプロパティから取得する

foreach(IEffect e in ((ILayer)thisItem).GetEffect()){
if(e.ItemName == “振幅”){
NumberProperty slider = (NumberProperty)property.GetProperty(e,”スライダ”);
amp = slider.DoubleValue;
}
if(e.ItemName == “往復時間”){
NumberProperty slider = (NumberProperty)property.GetProperty(e,”スライダ”);
cycle = slider.DoubleValue;
}
}

VertexProperty scale = (VertexProperty)property.GetProperty(thisItem,”スケール”); // スケールプロパティの取得
scale.X += amp * Math.Sin(Math.PI*2.0/cycle*time); // 位置のX座標の計算
scale.Y += amp * Math.Sin(Math.PI*2.0/cycle*time); // 位置のY座標の計算
property.SetProperty(thisItem,scale); // スケールプロパティの設定